Kastus®ガラス食器用途

Kastus は家庭および企業に対する恒常的抗ウイルスおよび抗菌保護で、特許を取得しました

Kastus で次世代のガラス製食器類を革新します

ガラス製食器用Kastus

ニューノーマルでは、消費者や企業は、ガラス食器などの共有される表面を持つアイテムの使用に懸念を感じています。これは表面の細菌やウイルスにさらされるのを恐れてのことです。

Kastus テクノロジーは、ウイルスやバクテリアが接触した後すぐに作用し始めます。ガラス製食器用の常時有効な特許取得済みの抗ウイルスおよび抗菌コーティングは、保護を強化し、消費者やスタッフがこれらの製品を扱う際により安全だと感じられるようにします。

Kastus のコーティング技術は、ヒトコロナウイルスや有害な表面細菌を含む99%を超えるウイルスを死滅させることが独自に証明されています。

弊社のインテリジェントな保護技術は、製造ライン中および熱強化加工中にスプレー塗布することができます。高温はガラスを強化するだけでなく、Kastusコーティングを硬化させ、ガラス表面に焼結して超耐久性の物理的結合を形成します。ガラス、びん、皿、ジャー、ボウル、マグカップ、食品容器など、さまざまなガラス食器がこの保護による恩恵を受けることができます。

 

ヒトコロナウイルス¹と一般ウイルス²の99%以上を死滅

Kastus-円の中の医療十字架アイコン

有害な細菌³の99%以上を死滅

高い透明性

Kastus-無限大のアイコン

常時保護

明暗条件で半永久的に機能

Kastus - 葉が伸びているアイコン

環境に優しい、安全な接触表面技術

実世界での応用

Kastusで、バリュープロポジションを差別化し、市場シェアの拡大を

KasTusコーティング効果のガラスへの封入

Kastus  Glass溶液は液体の形で供給され、標準のローラーまたはエアレススプレーシステムで製造中にガラス表面に塗布されます。 次に、Kastus コーティングは、製造プロセスに応じて600°Cから700°Cの温度でガラス表面と焼結されます。

完了すると、Kas​​tusの特典はロックされ、画面/ガラスの寿命の間半永久的に効果が持続します。  従来の技術とは異なり、Kastusは高温でも光触媒特性を保持しており、ガラス製造に理想的です。

販売およびパートナーに関するお問い合わせは、すぐに当社担当にお問い合わせください

*書式記入時必須欄